ダイエットをする際は食事制限の方法を間違えないようにする

ダイエットをする上で重要になってくるのは食事の制限になりますが、極端な食事制限をしないようにしましょう。

インターネットなどで検索をしてみると分かりますが、食事制限をする事によって、体重を減らす事ができると書かれています。確かに食べなければ体重が増加をしてしまう事はありませんが、体調を崩してしまうリスクを背負ってしまう事になります。

なにも食べないで1日過ごすと言う事は、全く栄養を取らないと一緒になります。

そのためめまいなどが起きてしまいますし、風邪を引きやすい体にもなってしまいます。ダイエットをする事によって体調を崩してしまいやすくなってしまうのであれば意味がありません。

健康に痩せる必要性もしっかりと考えるようにしましょう。

ではどうやって食事制限をすれば良いのかと言いますと、全く食べないのではなく食べる量を減らす事を考えるようにしましょう。

食べる量を減らしてしまう事によって最初は物足りないと感じてしまいますが、それも3日程度すると慣れてくるので辛いと感じません。また食べる量を減らしてもしっかりと栄養を取る事ができるので、体調を崩してしまう体質になってしまう事も防ぐ事ができるでしょう。

極端に行うのではなく、少しだけ量を減らす食事制限をしましょう。

スクワットダイエットを1週間続けた結果

ストレスが溜まると、いけないとわかっていても、つい食べることで発散してしまいます。
そのせいで、体重が一気に増え、お腹はブヨブヨ、顔はまんまる、おまけに二重顎、と誰が見てもわかるぐらい太ってしまいました。

このままではマズイと思い、ダイエットを決意。

走ればすぐに痩せると聞いたので、ジョギングを試してみたのですが、結局三日坊主でやめてしまいました。
めんどくさがり屋の私にとって、ジョギングやジム通いはハードルが高く、モチベーションを保つことが出来ないんですよね。

続けることが出来なければ意味が無いので、家で気軽に出来るものは無いか調べてみたところ、私でも続けられそうな方法を見つけました。

それが、スクワットダイエットです。

室内で好きな時に行えるので、自分のペースで出来るし、天気に左右されることもありません。
それに、スクワットは全身に効果があるそうなんです。

部分ごとに分けて筋トレをする手間も省けるし、筋肉が付くため、ボディラインが綺麗になり、見た目にも良い体型になるということで、早速試してみることにしました。

1日かけて50回程度のスクワットをすることでダイエットに繋がるそうですが、普段まったく運動しない私は、10回で足が限界を迎えてしまいました。
スクワットは、想像以上に辛かったです。

回数を分けて行い、何とか50回を達成することが出来ました。
次の日は筋肉痛に苦しみましたが、何だか全身に効いている感じがして嬉しかったです。
そのおかげで、モチベーションが上がり、何とか続けることが出来ました。

運動の効果を高めるためにこうじ酵素を飲むようにするもの良いです。

→こうじ酵素の口コミを見る

頑張って一週間続けたのですが、なんと体重が1㎏、ウエストが3㎝、太ももが2㎝も減っていたんです。
まさかこんなに早く効果を実感出来るとは思っていなかったので、とても驚きました。

理想の体型を目指して、これからも続けていこうと思います。

ダイエットにおすすめ!栄養バランスの取れたヘルシーなボリュームサンドイッチの作り方

食事制限のダイエットでは、カロリーを控えながらも、健康を維持する上で必要な栄養素はしっかり摂取できるように心掛けることが大切です。

ヘルシーな食事と言うと、地味なイメージを抱く人もいますが、工夫次第で、目でも舌でも楽しめるメニューを味わえます。

ボリュームサンドイッチは、パンと比べて具材の割合が多く、ダイエット中の食事にも適しています。
サンドイッチ作りに使うパンは、精製した小麦粉で作った白いパンよりも、ライ麦パンや黒パンを選ぶと、ビタミンや食物繊維が豊富に摂取できます。

具材選びにも気を配りましょう。

野菜は、ボリューム感の出せるレタスやグリーンリーフといった葉野菜を手でちぎったものと、人参やキュウリなどの千切りを用意すると彩りよく仕上がります。

千切りにした野菜は、塩を振ってしんなりさせた後、水気を絞ってから挟むと、パンがべたつくことなく、上手に仕上がります。

良質なたんぱく質を摂取できる食材としては、チーズやサラダチキンがおすすめです。
サンドイッチを仕上げる時に注意するポイントのひとつが、調味料の選び方です。

マヨネーズを使う場合は、カロリーを通常の商品の4分の1に抑えたものを選び、調味料でカロリー過多にならないように気をつけて下さい。

おしゃれでボリューム感があり、栄養バランスも整ったサンドイッチで、楽しくダイエットをしましょう。

基礎代謝をあげる為に筋肉をつけたい

加齢とともに基礎代謝はどんどん落ちてしまう、というのはよく言われることですね。

現在40歳の私、今まさにそれを実感しているところです(笑)。
小学生の子供達はいくら食べても全く太る気配もありませんので、本当に若いっていいなぁ…と思います。

そして、基礎代謝をあげるには筋肉をつけると良いと聞きます。
筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、かつ筋肉は脂肪をエネルギー源にするため、体脂肪が減る、ということらしいです。
筋肉をつけるためにはやはり筋トレというイメージがありますよね。

私も時間があれば筋トレをするようにしています。
特に力を入れて行っているのは太もも・腹筋・そして背筋です。

というのは、太ももは体の中で一番筋肉が多いと聞いたから。太ももを鍛えることでより効果的に体全体の筋肉量が増えます。
また、腹筋は一番頑張ったら効果が出やすい部分です。なので、ついつい鍛えてしまうということもありますね(笑)。

そして背筋は、鍛えて引き締まったら一番カッコイイと自分で思うからです。
特にある程度の年齢になったオバサンだと、背中にだらんと肉がついていますよね。

でも、筋肉がついて引き締まった背中って、とってもカッコイイなーと思うのです。
まだまだ理想とする筋肉量には達していませんが、これからも日々筋トレを頑張って、しっかり筋肉をつけたいなと思っています!

酵素の力を効率よく取り入れる工夫

酵素は、野菜や果物、発酵食品などに豊富に含まれています。

酵素の力を上手に取り入れる上では、食材を生のままで食べることが大事なポイントです。酵素は、加熱調理すると、その働きが損なわれてしまうのです。

酵素を含む野菜のなかでも、特に注目されているのが大根です。大根には、でんぷんを分解するアミラーゼという酵素、脂質を分解するリパーゼという酵素、プロテアーゼと呼ばれるたんぱく質を分解する酵素が含まれています。

過剰摂取するとポッチャリ体型の原因ともなる栄養素を分解する働きを持つ大根は、すっきりと美しい体型を目指す上で大いに役立ってくれるのです。

また、大根をすりおろすことによって生じる、辛味成分のイソチオシアネートには、殺菌作用や解毒作用のほか、アンチエイジングの効果や、消化促進の効果も期待できるのが、嬉しいところです。和食には欠かせない大根おろしを食べる習慣を付けると、健康促進や美肌づくりができます。

古くから、医者いらずと言われる林檎にも、酵素がたっぷり含まれています。風邪をひいた時にりんごを食べると良いとされるのは、りんごが含有する炎症回復を促す酵素が、弱った粘膜を回復させてくれるからです。

野菜や果物の持つ酵素の力に着目し、効率よく取り入れることで、健康的な日々を過ごすことができます。