酵素の力を効率よく取り入れる工夫

酵素は、野菜や果物、発酵食品などに豊富に含まれています。

酵素の力を上手に取り入れる上では、食材を生のままで食べることが大事なポイントです。酵素は、加熱調理すると、その働きが損なわれてしまうのです。

酵素を含む野菜のなかでも、特に注目されているのが大根です。大根には、でんぷんを分解するアミラーゼという酵素、脂質を分解するリパーゼという酵素、プロテアーゼと呼ばれるたんぱく質を分解する酵素が含まれています。

過剰摂取するとポッチャリ体型の原因ともなる栄養素を分解する働きを持つ大根は、すっきりと美しい体型を目指す上で大いに役立ってくれるのです。

また、大根をすりおろすことによって生じる、辛味成分のイソチオシアネートには、殺菌作用や解毒作用のほか、アンチエイジングの効果や、消化促進の効果も期待できるのが、嬉しいところです。和食には欠かせない大根おろしを食べる習慣を付けると、健康促進や美肌づくりができます。

古くから、医者いらずと言われる林檎にも、酵素がたっぷり含まれています。風邪をひいた時にりんごを食べると良いとされるのは、りんごが含有する炎症回復を促す酵素が、弱った粘膜を回復させてくれるからです。

野菜や果物の持つ酵素の力に着目し、効率よく取り入れることで、健康的な日々を過ごすことができます。